free mobile site building

大生郷天満宮

茨城県常総市の大生郷天満宮(おおのごうてんまんぐう)は日本三天神、御廟天神です。

大生郷天満宮の由緒

社伝によりますと、菅原道真公の三男景行(かげゆき)公は、父の安否を尋ね九州大宰府を訪れました時、道真公自ら自分の姿を描き与え「われ死なば骨を背負うて諸国を遍歴せよ。自ら重うして動かざるあらば、地の勝景我意を得たるを知り、即ち墓を築くべし」と言われ、延喜三年(九〇三)二月二十五日に亡くなられました。

景行公は、遺言どおり遺骨を奉持し、家臣数人と共に諸国を巡ること二十有余年が過ぎ、常陸介(地方長官)として常陸国(茨城県)にやってきました景行公は、延長四年(九二六)に現在の真壁町羽鳥(はとり)に塚を築き、この地方の豪族源護・平良兼等と共に遺骨を納め、一旦お祀りしましたが、三年後延長七年(九二九)当時飯沼湖畔に浮かぶ島(現在地)を道真公が永遠にお鎮まりになる奥都城(墓)と定め、社殿を建て、弟等と共に羽鳥より遺骨を遷し、お祀りされたのが当天満宮です日本各地に道真公を祀る神社が一万余社あるといわれる中で、関東から東北にかけては最古の天満宮といわれ、又遺骨を御神体とし、遺族によってお祀りされたのは当天満宮だけであることなどから日本三天神の一社に数えられ、御廟天神ともいわれています。

大生郷天満宮のお祭り

お祭りの一部をご紹介します

歳旦祭

1月1日
初詣・初祈祷が執り行われます。

年賀祭

1月6日
報恩寺より鏡餅の奉納があります。

初天神祭

1月25日
所願祈祷福だるまの授与。

梅花祭

2月25日
菅原道真公の御命日です。

例大祭

8月1日
別名「八朔祭」いう五穀豊穣を祈願します。

月並祭

毎月25日
月例の縁日です。

大生郷天満宮の宝物

代表的な宝物をご紹介します。

茨城県指定有形文化財 絹本著色 御神酒天神画

茨城県指定有形文化財
絹本著色 御神酒天神画

室町時代末期に描かれた菅原道真の肖像画。天神すなわち菅原道真の肖像画は、霊験あらたかな神、あるいは学問の神として、一般の神様のごとく礼拝の対象として古くから盛んに行われてきました。
多くは、束帯に威儀を正し置畳に座す姿を描き、松や梅の木を背景に、あるいは上部に水引を付けて荘厳にするなど、通常の公家等の肖像画とさしたる違いは認められません。
ただ、「怒り天神」と称して、道真の面貌にやや怒気を含んだように表されているものも中にはみられます。
この画幅における道真も憤怒の相を呈していますが、ここに神酒を奉じると天神の顔にほのかに赤みがさすといわれ、この地では一般に「お神酒天神」と呼ばれています。
また、藁・蒲などで円く渦を巻くように作った敷物である円座に座った像であることから「綱敷天神」の名もあり、西下の際あるいは太宰府の配所で窮乏する道真が船の帆綱を敷物に使った姿を描いたものということです。

茨城県指定有形文化財 絹本著色 御廟天神画

茨城県指定有形文化財
絹本著色 御廟天神画

室町時代の作。菅原道真の墓所を表現したもので、宝珠(ほうじゅ)を中央に描き左右上部に梅と松を配しています。
宝珠は上部に淡い朱が混じり、松は鮮やかな群青色を、梅は可憐な花と枝を覗かせています。
宝珠舎利塔は、本来、仏舎利を安置する骨塔をさしますがが、ここでは、聖者道真の遺霊を仏舎利にみたてて供養するという御霊信仰に根ざした構図を描いています。
宝珠の形態や画中に竹が描かれていないなど古式の様相が看られます。 

茨城県指定文化財 紙本着色 北野天神縁起絵巻

茨城県指定文化財
紙本着色 北野天神縁起絵巻

室町時代の作。「北野天神縁起絵巻」といわれる絵巻物は、古くは「聖廟絵」または「北野聖廟絵」などとよばれた天満宮の縁起絵です。内容は、菅原道真の一代記の事蹟から死後怨霊となって猛威を振るう様子、やがて北野社へ祀られるに至るその由縁と、信不信に対する天神の霊験利益の数々を綴っています。
大生郷天満宮に所蔵されるこの縁起絵巻(大生郷本)は三類に分類される縁起本のうちもっとも成立が古いとされる甲類に属します。詞書(ことばがき)冒頭が「王城鎮守神々多くましませと・・・・・・」に始まる一群で、まず縁起文のみの建久本が作られ、やがてこれを増補した建保本へと展開します。
その後、両縁起を基に絵巻化が進みました。大生郷本は「応永二十二年十二月大族下天」との奥書(おくがき)から室町時代応永年間(1394~1428)の作と知られています。大江匡衡神罰段など増加された場面がみられ、室町時代に入ってからの縁起絵の展開を示しています。 

茨城県指定有形文化財 紙本著色 三十六歌仙絵

茨城県指定有形文化財
紙本著色 三十六歌仙絵

室町時代の作。三十六歌仙は、藤原公任(960~1041)によって、万葉・古今・後撰和歌集におさめられた奈良時代から平安時代の名歌人の中から、特に優れた36人が撰されたことに始まります。
鎌倉時代には歌仙絵として定着し、和歌の流行と似絵(肖像画)の隆盛とともに画帖・絵巻物などに多く仕立てられますが、室町時代に入ると扁額(へんがく)として描くというまったく異なった様式を創り出すことになります。
この背景には、当時の和歌と神仏を結び付けるという信仰が神社に扁額(へんがく)を奉納するという流行現象を生んだこととも関連するでしょう。
この三十六歌仙は、もとは下妻城主多賀谷政経の愛蔵品と伝えられ、天正4年(1576)10月、大生郷に立て籠もる北条氏堯を討った戦いにおいて天満宮を消失させてしまったため、その罪滅ぼしに鎧太刀とともにこれを奉納したということです。
歌を上段に書き表し、その下段に人物を彩色をもって描いてあり、その筆・画とも極めて優れています。土佐流の筆と思われます。 
当社所蔵の三十六歌仙絵は、近年の研究により狩野松栄の筆であり狩野派最古の絵額であることが判明しました。

常総市指定文化財 絹本著色 十一面観音像

常総市指定文化財
絹本著色 十一面観音像

十一面観音は、正しくは十一面観世音菩薩と称し、本面の上に十ないし十一の面を持つ像容を表わし、聖・千手・不空羂索(ふくうけんじゃく)・馬頭・如意輪・准胝(じゅんてい)とともに七観音の一つとされる。奈良時代中頃からつくられるようになり、十一面の配置は正面3面が慈悲、左側3面が忿怒、右側3面が牙をむき、後背1面が大笑、頂上が仏果(仏の悟り)を示す阿弥陀仏面という。
この画幅は、中央に正面向きに立つ十一面観音像を描いたものであり、図上に十一の仏面と化仏をつけ、左手に宝瓶(ほうびょう)を執り、右手は垂下して掌を前に全指を伸ばす。画面下半は菱文繋(ひしもんつな)ぎで石畳風に表わしている。彩色は中間色を多用しながらも華やかで、保存もよい。全体的に静謐(せいひつ)な表現の佳作であり、南北朝時代末期の作と思われる。縦108センチメートル、横42センチメートル。

所在地
茨城県常総市
大生郷町1234番地

お問い合わせ
電話 / 0297-24-1739
FAX / 0297-24-1707
Email: info@tenmangu.or.jp